ハイキングウォーキング

PROFILE INFO

概要・略歴

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
ラ・ゴリスターズのメンバーの1組。
2001年6月に結成。マツダ、スズキと二人とも自動車メーカー名と同じ苗字のため、結成2か月ほど「くるま」というコンビ名で活動していた(松田ブログより)。
「くるま」というコンビ名がぱっとしなかったため、現在の「ハイキングウォーキング」となった。
2006年ごろから松田の地元・富山テレビ放送の番組に出演。2007年には元日早朝の『爆笑ヒットパレード』(フジテレビ)第0部で十八番のコーラネタを披露したところ、司会の今田耕司が「こいつら最低や!」と言いながらも腹をよじって爆笑。
そこから『爆笑レッドカーペット』第1回に出演したり、4月20日放送の『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)では今田の「オススメ芸人」としてビートたけしに紹介された。

今日のステージの感想は?

(松田)
これだけ盛り上がっている会場でネタをやる機会はそうそうないので、楽しかったです。

(Q太郎)
僕らの劇場と違って、すっごい反応が良いんで、こちらもテンションあがっちゃいました。

真剣にチャレンジすることになったきっかけは?

(松田)
二人でとなると、Q太郎さんが僕を誘ったということでしょうか。
元々は違うコンビでやっていて、Q太郎さんに誘われて一緒にやる事になりました。
その2・3ヶ月後にはやめると言い出しましたけど(笑)

Q太郎さんが「お金がなくてバイトを真剣にしたいからやめさせてくれ」と言ってきました。
だったら、僕が脚本を書くから続けないかということで続けた感じですね。
この男はやめようとした男なんで(笑)

やめると言っていたのに、なぜ続けようと?

(Q太郎)
そこまで松田さんが言ってくれるのなら、是非頑張ってください。
じゃあ僕はバイトに専念しますからってね(笑)

成功の結果の原因は?

(松田)
一応食べて行けるようになったのは、傾向と対策です。
試して、反応を見て、直しての繰り返しですね。
才能がないのは、3年目くらいに気がついたので。

(Q太郎)
それまで自分たちはダウンタウンさんより面白いと思ってましたから(笑)

(松田)
お前痛いやつだな。

(Q太郎)
そこからは地道にやるしかない、後はやめないことですね(笑)

(松田)
お前がいうんじゃねーよ(笑)

今からチャレンジする方へのメッセージ

(松田)
偉そうに言える立場ではないですが、
何かを企画、小さな事でも、やろうと思った事を形にして行くこと。
一歩目踏み出してみて、やってみて、修正してみて、繰り返して行くことですね。
1年くらい続けてダメなら、また違うところで頑張ります。

座右の銘は?

(Q太郎)
好きこそ物の上手なれ。
好きじゃなければ、3日坊主で終わるので、好きな事から伸ばしていけばいいんじゃないかと思います。

(松田)
心がけている事は、データを取ってシステム化する事です。

キャスティング実績

カテゴリー