佐々木常夫氏

PROFILE INFO

概要・略歴

1944年、秋田市生まれ。1969年、東京大学経済学部卒業、同年東レ入社。

自閉症の長男に続き、年子の次男、長女が誕生し、結婚して3年で3児の父になる。
妻は、肝臓病がもとで入退院を繰り返すうち、うつ病を併発し、何度か自殺未遂をする。
43回もの入退院をした妻も、現在は快癒。

すべての育児・家事・看病をこなさなくてはならない過酷な日々の中でも、仕事への情熱は衰えず、大阪・東京と6度の転勤、
破綻会社の再建や様々な事業改革に全力で取り組み、2001年、東レ同期トップで取締役となり、
2003年より東レ経営研究所所長、顧問を経て、2013年8月に退職。

現在、株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。
経団連理事、政府の審議会委員、大阪大学局員教授などの公職も歴任。

出身地

scollection

真剣にチャレンジすることになったきっかけは

特にキッカケはない。
一歩でも前に出たいという気持。
人間って成長することに喜びを感じることってあるじゃないですか
だから人より一歩でも前に出たいなという気持ちが小さい時からあった。
私の場合は親や親戚にいろいろ心構えとか教えてもらった
少しでも世の中でいいところにポジションとりなさいと、そしたらいいことあるよと。
ずっとそういう気持ちがあったので、学校へ入っても、会社に入ってもちょっと一歩前に出ていた。

成功の結果の原因は?

明らかに逆境ですよ。
家族のことは逆境、会社でも最後に左遷されたわけですよ。
東レの社長か副社長くらいになろうと思ってたのに一気に2年で取締役をクビになったわけですよ。
普通ありえないですよ、私はちょっと睨まれて飛ばされちゃった。
たった30人の子会社の社長になって、ヒマでしょうがないから本を書いてた。
そしたらその本が売れた
この間東レの社長に言われましたよ、東レの社長より偉くなったなって。 どういう状況の中でも腐らずに頑張ることが大事。

これからチャレンジする人に一言

自己愛。自分を好きになりなさい。自分を幸せにしなさい。
自分をいかに大切にするかということが成長の基板にある
どうせ俺はとかそういう考え方やめなさい、自分を低く評価すると楽なんですよ。
林真理子さんの「野心のすすめ」という本がある。
なぜ野心をもたせるか、望みが高ければ頑張る
林真理子さんは、私こういう風になりたいという強い動機があったから頑張ってそこにいった。
人間っていうのは目標設定より上にいくことはない。 そのために自分を愛しなさい、自分を幸せにしたいという強い動機づけをしなさいと。

座右の銘は?

礼儀正しさは最大の攻撃力
礼儀正しさ一本で東レの社長になれると言ってきた
礼儀正しさというのは、私は幼稚園の時に教えてきてもらったことをきちんと出来る人
人にあったら挨拶しなさい
仲間はずれをつくってはいけません
お礼をいいなさい
人間の基本的な動作をきちんとやってる人はみんなから認められる人になる
丁寧に真摯に生きなさいということ。

オフィシャルサイト
http://sasakitsuneo.jp/

キャスティング実績

カテゴリー