ELLi

PROFILE INFO

概要・略歴

イギリス人のベーシストを父に持つハーフのRock singer。
物心つく頃から歌の魅力に引き込まれ、迷い無くアーティストへの路を志す。
首都圏のライブハウスで経験を重ねる中、ビッグアーティストを輩出したプロデューサーに見出だされ、
トラックメーカーにカナダ出身の Allan Breaarley をむかえ本格活動を開始。
甘いルックスとは裏腹に、パワフルで伸びのある中高音域のボーカルを武器に持つ。
偶然個展で来日していた伝説のカメラマン、OASIS、SNOOP DOGGなど超一流アーティストを手がけた
Lawrece watson の目にとまり、ビジュアルイメージを作成。
そして初のMusic Video「It’s my life」は、ワンストップブティック型クリエイターチーム「Goldsuitcase」
(海外へとジャパンカルチャーを発信する映像チーム)のディレクター、「MTVジャパン」のホストディレクターである Michael Laburt を起用し、
独特の世界観で、ELLiが表現されている。

真剣にチャレンジすることになったきっかけは?

あるオーディションにエントリーした時、
そのオーディションに来ていた
プロデューサーが ハーフでロックを歌う子を探していて私を見出してくれた。
すごくラッキーだった。

突然のチャンスにビビらなかった?

願ってもないチャンスだと思った。
絶対掴むぞという気持ちで。

今の結果の原因は?

今は挑戦している段階で、まさにこれから。
日々努力を惜しまず、自分が出来ることをひとつひとつこなしていって、
それでやっと自分の描いている成功にたどりつけると思う。
これからを楽しみにしていてほしい。

ELLiさんの成功像は?

自分が今描いているのは武道館ライブ。

これからチャレンジする人に一言

諦めたら終わりなので強く想い続ける。
応援してくれる人とか、支えてくれる人を大切にして、自分自身を信じて進んでいくことが大事。

諦めそうになったことは?

あります何度も。
そういう時に自分の一番身近な人、今でいうとスタッフの人や友人の「ELLiならいけるよ」という、その言葉だけで自分が奮い立たされる。
自分の成功がその人達への恩返しにもなるし、モチベーションにも変わっていく。

座右の銘は?

「出会い」とか「縁」で今があるので、その言葉は大事にしている。
あと感謝の気持ちと笑顔を忘れない。

オフィシャルサイト
http://ellijapan.jp/

キャスティング実績

カテゴリー