お知らせ 2020.04.01

自転車保険の義務化について

2020年4月に東京都で自転車保険の義務化がスタートしました。
義務化から4か月がたちましたが、コンビニでも気軽に加入できる保険商品も目につくようになってきました。

 

さて、自転車保険の仕組みについて、簡単に解説いたしますと、
・相手へケガを負わせてしまった場合の賠償責任補償
・自分がケガをしたときの補償
の二つで構成されています。

 

義務化されたのは、1つ目の相手へケガを負わせてしまった場合に多額の賠償責任を負うことになった場合の補償です。
そして、この補償は火災保険に付帯されている場合が多く、自転車保険に必ずしも入る必要のない方もいます。
ただ、「義務化されているし」、「自転車保険の広告が目に入ってくるし」、「そんなに高いものでないし」、
と二重で補償をもってしまっている人も少なくないかもしれません。

 

損害保険は実損払いですので、二重でかけていれば2倍保険金が下りてくるわけではなく、各補償で折半されます。
ご加入の前に現状の補償についてご確認いただき、必要な補償を必要な分だけお持ちいただくことをおすすめいたします。

新着記事

カテゴリー